溶接デフロック

リアデフを溶接してデフロックにしました。

いろいろパーツがあるようで、いい値段するんですよね。
安上がりに考えると、やはり溶接だろうと思い、溶接することにしました。



画像

まぁ、考えるより実行という事で、やっちゃいました。



画像

画像

まず、デフの下にあるボルトを外して、デフオイルを抜く



画像

画像

ブレーキライン、サイドブレーキワイヤーを外す



画像

ドラシャ(ドライブシャフト)を抜くのだが、スライディングハンマーが無いので
私の場合、ホイルを取り付け(ナットは完全に締めないで、ガタがでるように
少しだけ締めておく)そして、ホイルを手前に引くと衝撃でドラシャが手前に
抜けて来る。



画像

画像

こんな感じで左右外す



画像

マーキングしてぺラシャフトを外す



画像

画像

ボルトを外しデフキャリアを外すのだが、本体はちょっと重いので
ジャッキ等で支えて引き出す。・・・・落とさないように



画像

デフキャリアごと降ろしたところ



画像

画像

画像

外す部品は左右でパーツを組むのでマーキングしておく。



画像

本体を取り出し、サイドベアリングアジャスターリングを外し



画像

画像

画像

本体を取り出す
結構汚れてますね



画像

ベアリングキャップ→サイドベアリングを外し



画像

画像

画像

そして、サイドギアを外し



画像

溶接の前に、本体を洗浄しておきます。
そして、このピニオンギア4っを溶接
※溶接する前に、ブレーキクリーナー等で十分脱脂します。
 



画像

画像

画像

リングギアを外し、写真の箇所をできる限り溶接
溶接をしていると、かなりの高温になる為、歪む可能性があるので
溶接の仕方を考えて行わなければなりません。
やはり難しいですよね。
あと、溶接してると、スパッタが結構飛ぶので、溶接後は除去します。


画像

そして、裏側の穴からできる範囲ピニオンギアを溶接する。



画像

サイドギアをのせてサイドギアとピニオンギアをともに溶接

今回このような感じで溶接しました。
これ以上やりすぎると、歪んでしまいそうなので、この辺でやめときました。




画像

画像

画像

そして、ばらした逆の順序で組み上げていきます。
リングギアのボルトにはネジロック剤を塗り規定トルクで締め付け
なのですが、準備してなかったので、ジェル状瞬間接着剤で対応
しました。
あと、バックラッシュは、手で回したり、戻したりアジャスターリングを
締めたり、緩めたりしながらガタを感覚で取りました。



画像

画像

カスを取り除き、液体ガスケットシール剤をぬり、ちょっと乾燥
させてから、合わせます。



画像

画像

デフキャリアを合体させ、マーキングを合わせてぺラシャフトを連結。



画像

画像

オイルシール周りにグリースを塗り、バックプレートが当る部分に
シール剤を塗り、ドラシャを組み込む



画像

画像

画像

デフオイルは粘度がたかいので、この様なガンで注入する。
オイル量は、1.5Lで、注入口から垂れたらOK



画像

画像

最後に、ブレーキのエア抜きをして、終了。



現在乗っていて、確かにスタンドとか、駐車場などで、キュルキュル
タイヤがなって、オープンのときと比べたら、運転しずらくなつたが、
私、個人的にこの程度では全然気にならない範囲です。

バックラッシュはいい感じに調整出来たと思う。でもメーターゲージ
で正確にとったほうがいいだろうね、

溶接の方は、ある程度しっかり溶接出来てるとおもうので、あの位
でOKにしときます。
壊れたら直せばよいことだし。


ちょっと、試してみたので、動画を貼っておきます。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

次期会長
2010年06月15日 22:50
クヤシィなぁー

ところで30枚目の画像ですが 押さえている人の
体が映っていませんが・・・コゎ!
2010年06月16日 09:04
次期会長さんどうも
これは、ハンドパワーです。(ふ、古い)

この記事へのトラックバック