ジムニーブレーキ点検 及び、スコップホルダー製作

この頃オフロードで泥まみれになっていたので、下周りの洗浄をかねて、F、Rブ
レーキの点検をすることにした。

リアブレーキ

画像

画像

ドラムのボルト4ヶ所外し


画像

タイヤを持って揺らしながら引くとやりやすい


画像

画像

ライニング(シュー)とドラムをブレーキクリーナーで清掃
あと、バックプレートなど周りも清掃しておく
※ブレーキシューの残量も確任


画像

画像

調整は、写真の部分をマイナスドライバーで手前にこじると広がるのであとは
ドラムを取り付けて回し、多少ブレーキシューを引きずる程度に調整しておく。


フロントブレーキ

画像

画像

画像

ボルトを2ヶ所外しブレーキキャリパーを上にずらせば外れます
※キャリパーを外したときは、ブレーキは踏まないように、ピストンが出できてし
まうので


画像

パットとローターをブレーキクリーナーで洗浄


画像

パットの残量を確認し、組み付けて終了



あと、ついでにスコップホルダー製作
製作と言っても、単管パイプ用クランプをボルトで留めるだけなので、チョー簡単
です。


画像

クランプ


画像

画像

スペアタイヤブラケットを固定していたボルトを使用
クランプの台座の穴の径に合う平ワッシャーを用意


画像

写真のようにブラケットのボルトを使用して取り付け
角度、取り付け位置変更OK


画像

取り付けは、横にしました。


画像

この位置だと丁度、スペアタイヤとRゲートが接触するゴムの部分(何て言うの
か?)に丁度スコップがあたるので、Rゲートに接触しない。


今回、ブレーキは汚れも少なく、その他漏れ、ホースのヒビ割れもなく
簡単な清掃、調整で終了。
スコップホルダーは200円程度で簡単に作れます。ただボルトを蝶ボルトに
変えれば取り外しが楽になるので、後日取り替えたいと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック